注文住宅を建てた人に聞いた内装の優先順位

経験者に聞いた!注文住宅の内装、こだわるならココ!

室内の印象を決める壁材

人気のある壁材は?

新築を建てるなら内装の壁はどんな材質にしたいかアンケートを取ったところ、1位は、クロスでした。
2位以下は、木材、塗り壁、タイルとなります。

1位のクロスが人気の要因は、メンテナンスのしやすさです。
汚れてしまっても貼り替えが可能、水拭きや洗剤で容易に拭き掃除ができるといったところです。
また僅差で人気があった2位の木材は、やはりその温かみが人気の理由です。ナチュラルなテイストを好む人によく選ばれています。
塗り壁は職人の技術に左右されますが、様々な質感を楽しむことができ、デザイン性に魅力を感じている人が多いようです。
タイルが好まれるのは、その耐久性、耐水性です。
また複数の模様を組み合わせることで、オリジナル性を出せるところも魅力の一つです。

壁材、それぞれの特徴を知ろう

壁材で一番人気のクロスは、一番安価で扱いやすいため工期も短くなります。
メリットは掃除がしやすいこと、デメリットとしては結露しやすく貼り合わせ箇所から剥がれてくることがあります。

木材には無垢材と合板があります。
高級感を出すなら無垢材、ナチュラルテイストに仕上げるなら合板もよいでしょう。
メリットは、調質、保温、吸音性、年数が経つにつれ味わい深く変化することも魅力です。
デメリットは、湿気によるひび割れや変形が起こりやすいことです。
保護塗料を塗るといった定期的なメンテナンスが必要となります。

塗り壁は調質性や防火性、防音性に優れており日本では昔からのおなじみの壁です。
デメリットとしては、塗り壁に汚れが付着した場合、掃除が難しいことがあります。

タイルは耐久性、耐水性、デザイン性に富んでいます。
手入れもしやすく、水拭きですぐに汚れが落とせます。
デメリットは、コストがかかること、カビが生えやすいことです。