注文住宅を建てた人に聞いた内装の優先順位

経験者に聞いた!注文住宅の内装、こだわるならココ!

内装の重要ポイント、収納計画

経験者に効いた収納の失敗例

広い収納で片付けやすい家にしたいと考えるのは当然ですが、ポイントを知らずにただスペースが広いだけの収納ではいざ使ってみたら使いにくかったということになりかねません。
実際に注文住宅を建てた人に聞いた失敗例は以下の通りです。

・大型収納が2階のロフトだけ。
大きなものをいちいちはしごで運ばなければならず、不便。
・広めのウォークインクローゼットにしたが、タンスを2つ並べられなかった。
きちんと採寸するべきだった。
・階段下に収納スペースを作ったが、照明をつけ忘れたため奥のものが見えにくく取り出しにくい。
・玄関収納は天井までのトールサイズで鏡付きにしたが、小物の置き場所がなかった。
・広いリビングにするため収納を極力減らしたら、片付ける場所がなくリビングに物が出しっぱなしになってしまった。

収納計画のチェックポイント

収納計画をたてるときは以下のポイントを確認しましょう。
・どこに何をしまうか、家族が分かりやすい計画になっているか。
・よく使うもの、よく出し入れするものは手の届きやすい高さに収納できているか。
・図面に坪数だけでなく、奥行きや幅も記入し確認したか。
・収納したいもののサイズと収納スペースの奥行き、幅は合っているか。
・ものを使う場所から収納場所までが近いか、動線はスムーズか。
・クローゼットや靴収納のスペースは、現在の住まいと比べて十分か。
・オープン収納がほかの部屋から丸見えになって困ることはないか。
・収納内部の照明やコンセントの必要性の確認。
・収納する場所の扉は引き戸、開き戸、折り戸など使いやすいものになっているか。