風俗の有効利用をお勧めするアダルトな情報サイト

風俗業特有のルールと地域・店舗ごとのルール

風俗店全般に共通するタブー

性風俗店や接待飲食営業店のような性風俗にあたる風俗店は、提供サービスや店舗ごとにルールを設定していますが、実は共通したルールも幾つか見られますので、風俗店利用における事前学習の一環として、知っておきましょう。

最も一般的ケースですが、泥酔状態・薬物使用・刺青の三つは店側の危機回避の一環で一律に利用を拒否され、利用規約にもその旨明記されている店舗が大多数を占めます。

同じく性病に罹患している人も利用を拒否されており、性病の疑いがある時点で、サービスを中止されるのが一般的です。

特殊なケースとしては、スカウトを目的とした同業者、ようは引き抜きを目的とした同業他社所属の人物も、引き抜き対策として利用を拒否されています。

暗黙のルールやローカルルール

風俗店に限った話ではありませんが、利用にあたっての暗黙のルールやローカルルールは、サービスを利用する上でも、サービス提供者や風俗店の心証を悪くしないためにも、可能な限り抑えておきたいものです。

風俗店において暗黙の内に了解されているルールを知ると共に、ローカルルールの調べ方にも触れてみることにしましょう。

風俗店全般の暗黙のルールは、清潔であること、撮影しないこと、横柄な態度を取らないこと、の三点に集約されます。

清潔であることは風俗店に限らず大抵のお店で要求されるでしょうが、直接・間接を問わずにある程度の接触が前提とされる風俗店においては必須でしょうし、撮影や横柄な態度を取ることは、それらの行為が演技としてのサービスである店を除けば論外といって過言ではありません。

ちなみに、ローカルルールについては、風俗店のWebページを参照するか、風俗店が多い地域にある風俗案内所を利用するのが現実的です。