風俗の有効利用をお勧めするアダルトな情報サイト

店舗ごとに異なる提供サービスの受け方

性風俗店と接待飲食営業店でのマナーの違い

店舗型の性風俗サービス提供店は大雑把に性風俗店と接待飲食営業店に分類可能で、その利用に際してのマナーも当然異なる為、性風俗店利用でのマナーが接待飲食営業店利用でのマナーと必ずしも一致するとは限りません。

具体例を挙げると、サービス提供者との性的接触のセーフラインがあり、性風俗店においては店舗が提供するサービスの範疇に収まり、なおかつ直接性交に至る事さえなければ、全く問題ありませんが、接待飲食営業店においてはタッチのような軽い接触までは認める店はあっても、それ以上は絶対に許容されることはありませんし、店舗によってはタッチすら許容されないこともあり得ます。

風俗店の利用に当たっては、性風俗店と接待飲食営業店の違いを理解し、分別を持って利用することは最低限のマナーであり常識なのです。

接待飲食営業店を利用する際の注意点

接待飲食営業店は性風俗にこそ属してはいますが、性風俗店のように性的なサービスの提供を主眼に置いてはおらず、あくまで飲酒に伴って会話や会食を行う異性とのコミュニケーションこそがメインサービスとなります。

更に細かく言うなら、女性ないし男性と一緒にお酒を飲みつつ、異性と会話をはじめとしたコミュニケーションを楽しむことが接待飲食営業店の楽しみ方で、普段異性とコミュニケーションを取る機会が少なかったり、仕事に関する愚痴を理解してもらえなかったりする人の為の社交場の一種であると言えるのではないでしょうか。

ちなみに、単純に異性との会話を楽しみたいのであれば、キャバクラやキャバレーで十分ですが、異性に仕事の愚痴を理解した上で聞いてもらいたいとの欲求があるのであれば、クラブのような会話に特化した接待飲食店を選択するのがお勧めです。