注文住宅を建てた人に聞いた内装の優先順位

経験者に聞いた!注文住宅の内装、こだわるならココ!

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

注文住宅でこだわりの内装を! 失敗しないためのポイントは?

新しい家を建てるなら、広々としたリビングやお風呂に憧れるのではないでしょうか。 しかし、広ければよいというものではありません。 また狭すぎても使いにくいものです。 限られた広さに必要な部屋を配置するわけですから、各部屋のスペース配分が重要になるのです。

内装の重要ポイント、収納計画

注文住宅を建てるなら、たっぷりとした収納スペースを設計したいところですね。 でずが、ただ広いだけの収納では意味がありません。 荷物を保管するだけの家になってしまわないように、質を意識した収納計画を心がけましょう。 ここでは収納に関する失敗談や知っておきたい収納計画のポイントを確認していきましょう。

室内の印象を決める壁材

住まいを新築で建てるなら、壁材にもこだわりたいものです。 なぜなら、壁材の選び方で室内の印象が大きく変わるからです。 実際新築した人には、どんな種類が人気があるのでしょうか。 毎日過ごす自宅を、落ち着く部屋にしたいのか遊び心のある部屋にしたいのか等、各部屋のコンセプトをよく考えて決めていきましょう。

各部屋のスペース配分をどうするか

限られた予算の中で、思い通りの内装に仕上げるためには、お金をかけるところと節約するところのメリハリが必要です。
内装の知識の確認と経験者の意見をもとに失敗しないためのポイントを紹介します。

経験者の失敗談として多いのが、コンセントの位置です。
実際に生活してみると、コンセントの数が少なくてトースターを使うときはレンジのプラグを抜いて差し替えて使わなければならない、家電を置きたい位置からコンセントが遠いため延長コードを使うことになってしまった等の不便さに気づくことが多いのです。
こういった失敗を避けるには、生活している姿を具体的に思い浮かべながら間取りを考える事が大切です。
家電は何がいくつあり、どこで使うのか、掃除機をかけるときにはどこにコンセントが必要か。
とりわけ、キッチンは家電が多いのでコンセントは多くしておいた方が生活しやすくなるでしょう。
家事を取り仕切る主婦の目線でチェックしておきましょう。

その他に経験者の失敗談として多いものは、部屋の広さ、収納の確保、壁材や床材の選び方等があげられます。具体的に次のコーナーで確認していきますので参考にしてください。

また限られた予算の中でどこを節約するかも重要になります。
基礎や構造部分は、耐久性や将来のリフォームのことを考えると節約が難しいと理解しましょう。
節約しやすいところとしては、和室があげられます。
和室は洋室に比べてコストが割高ですので、構造をシンプルにしたり、壁紙を和風クロスにすることで節約が容易になります。
思い切って和室をなくすことも1つの方法です。

せっかくの注文住宅ですので、個性やデザイン性・遊び心も大切にしたいですね。
ですが住宅とは生活する場所です。
住みやすさをイメージして計画を立てましょう。
家事をする動線はどうか、水回りの使い勝手、自分の家族構成では誰がどこでどう過ごすのかなど、実際にイメージして設計に生かしていきましょう。